一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

2014年11月20日(木)に、芸術理論専攻研究発表会が行われました。

前回(http://arttheory.jugem.jp/?eid=173)は、2~4年生までの芸術理論所属学生が参加しましたが、
今回は卒業論文提出前の4年生3名に絞ってみっちりと発表してもらいました。

4年生は卒業論文完成に向けて鋭意執筆中です。
締切は1月、残された日にちもいよいよ少なくなってまいりました。
ラストスパートをかける前の中間報告ということで、発表者、聴講者共に程よい緊張感が漂う会となりました。




小林さん「Hans Makart ‟Bacchus und Ariadne”」

19世紀に活躍したオーストリアの画家、ハンス・マカルト(1840-1884)について研究しています。
今回は「バッカスとアリアドネ」というギリシア神話をモチーフにした作品について、他の画家との比較も交えて発表しました。



湯田くん「マンガNARUTOにみる諦めない人と諦めた人の戦い」

先日、15年に及ぶ『週刊少年ジャンプ』(集英社)での連載が終了した『NARUTO』。
元々原作ファンである湯田くんは、研究題材に本作を選び研究を続けています。
今回は論文の構成、キャラクター・ストーリーについての解析、考察を発表しました。



内藤さん「ー中間報告ー 眤舎椶妨る秋山文庫本との関連・その他」

大学付属の秋山文庫に所蔵されている眤叱雲(1852-1934)の画帖について研究しています。
今回はそれと関連すると見られる、眤鴫判蠡△硫竺帖を詳細に調査。分析・比較した内容をまとめて発表しました。

関係機関から協力を得て、熱心に資料調査を進めている様子が伺えました。






先生方や下級生たちから、卒論の内容や改善点について意見が交わされました。

卒論提出を間近に控え、密度の濃い発表会となりました。
あとは締切まで駆け抜けるのみです。

4年生の皆さん、体にはくれぐれも気を付けて、頑張ってください!










 

  • -
  • 13:17
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

この記事のトラックバックURL : http://arttheory.jugem.jp/trackback/181

PR

Calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

スポンサーリンク

美術と都市: アカデミー・サロン・コレクション (フランス近世美術叢書)

Archive

Recommend

Recommend

装飾と建築: フォンテーヌブローからルーヴシエンヌへ (フランス近世美術叢書)
装飾と建築: フォンテーヌブローからルーヴシエンヌへ (フランス近世美術叢書) (JUGEMレビュー »)
田中 久美子,栗田 秀法,中島 智章,矢野 陽子,加藤 耕一,大野 芳材

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

Recommend

人間国宝事典 工芸技術編
人間国宝事典 工芸技術編 (JUGEMレビュー »)
南 邦男,大滝 幹夫,柳橋 眞

Recommend

Recommend

Recommend

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

  • ギンビス
    元助手
  • 大きいということ
  • シェー
  • 北斗祭終了。
  • 北斗祭終了。
    三年☆
  • 考える
    ヒッピー
  • 掲示板
  • ピエタ
  • 博物館実習中
  • オープンキャンパス2

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM